アフィリエイトの稼ぎ方|記事作成の外注のメリット・デメリット

アフィリエイトの記事作成は外注化する事ができます。

知らない方も多いかもしれませんが、実はアフィリエイトの記事作成は外注できるのです。

というより、歴の長いアフィリエイターのほとんどが記事作成を外注しています。

トップアフィリエイターやベテランアフィリエイターは記事作成を外注化する事によって中古ドメイン選定やキーワード選定、内部リンク設計、被リンク設計に自分のリソースを割く事ができるのです。

このページでは、アフィリエイトにおける記事作成を外注する事によるメリット・デメリットを解説していきます。

目次

アフィリエイトの記事作成は外注化する手順

記事作成の外注の手順は大きく分けて3ステップあります。

  1. クラウドソーシングサービスに登録する
  2. クラウドソーシングサービスで記事作成の外注依頼を出す
  3. 外注マニュアルを作る

1.クラウドソーシングサービスに登録する

記事作成の外注化をするためには、まずクラウドソーシングサービスに登録する必要があります。

クラウドソーシングサービスは国内大手だとクラウドワークスやランサーズがあります。

ワーカー手数料業界最安値だと、Bizseekも頭角を現してきているクラウドソーシングサービスの1つです。

基本的に記事作成の外注化はクラウドソーシングサービスで発注していく流れになります。

2.クラウドソーシングサービスで記事作成の外注依頼を出す

クラウドソーシングサービスに登録したら、続いて記事作成の外注依頼を出します。

外注依頼に応募が来た段階で、応募者に外注を任せるかを決めていきます。

記事作成を任せたい応募者が応募してきた段階で正式に外注していきましょう。

3.外注マニュアルを作る

外注マニュアルを作る事によって外注さんが作成する記事の質がある程度担保されやすくなります。

外注マニュアルは事前に大まかに作っておいて、実際に記事作成の外注依頼を出しながら気になった部分や重要だと思った部分をまとめ、アップデートしていく流れが自然です。

私の場合は、タイトルと見出しまではこちらで決めておいて、外注さんに見出しの中身と文字数を埋めてもらう形で発注しています。

最低限

タイトル・見出し・文字数

が担保されていればインデックスはされる可能性が高いレベルの記事になる事が多いからです。

特に、タイトルと見出しが調整されていれば、最低限検索意図に答える記事を外注で作成する事がてきます。

検索意図については以下のページで解説しています。

あわせて読みたい
検索意図の考え方や調べ方、ツールやSEOにおける重要性を解説 ブログやアフィリエイトをしていると、検索意図という言葉を聞く機会があるかと思います。 このページでは、検索意図の考え方や調べ方、ツールやSEOにおける重要性を解...

アフィリエイトで稼ぐ記事の書き方については以下のページで解説しています。

あわせて読みたい
アフィリエイトで稼ぐ記事の書き方や構成、文字数や記事数を解説 このページでは、アフィリエイトで稼ぐための記事の書き方や記事の構成、必要な文字数や記事数について解説します。 「まだアフィリエイトを始めていない」という方はア...

インデックスされるレベルの記事であれば、50〜60点レベルのサイト評価を減点されない記事である事が多いため、関連記事として内部リンクでつなげば記事群に加えて数の力に加える事ができます。

キーワード選定や内部リンクについては以下のページで解説しています。

あわせて読みたい
アフィリエイトの稼ぎ方|キーワード選定や内部リンク・外部リンク このページでは、キーワード選定や内部リンク・外部リンクの視点からアフィリエイトの稼ぎ方を解説していきます。 「まだアフィリエイトを始めていない」という方はアフ...

外注のメリット

  • 自分で記事を書かなくていい
  • 割安で発注できる
  • 記事を大量生産できる

自分で記事を書かなくていい

外注の最大のメリットは、自分で記事を書かなくてよくなるところです。

アフィリエイトでは記事作成に最も時間がかかります。

アフィリエイトの最大の挫折理由は記事作成が辛くて続けられない事です。

しかし、記事作成を外注化してしまえば、自分で記事作成をする事がないため、アフィリエイトの挫折率は格段に下がります。

割安で外注できる

記事作成の外注は基本的には割安で発注できる事が多いです。

というよりも、割安になる価格でしか発注しません(笑)

僕の場合は2000文字の記事を文字単価0.25円で発注して、1記事あたり2000文字500円で外注します。

仮に時給1000円のバイトを5時間やって5000円稼ぐとすると、5000円で10記事外注できます。

つまり5時間で10記事投下する事ができるのです。

自分で記事作成をしたとしても5時間で10記事を投稿できる人はほとんどいません。

そのため、自分で記事作成をする事は時給1000円のバイトをする事よりもコストパフォーマンスが悪い事だと言えます。

社会人の場合はよりその傾向が顕著です。

1時間2000円で残業したとすると、2時間で4000円の残業代を稼ぐ事ができます。4000円あれば8記事外注する事ができるため、2時間で8記事を投稿できる事になります。

社会人の場合は、2時間で8記事以上の記事投稿ができる方以外は自分で記事を書くのはコストパフォーマンスが悪いと言えます。

記事を大量生産できる

記事作成を外注化する事で記事を大量生産できる事もメリットです。

1記事500円で外注するのであれば、5万円で100記事投稿する事ができます。

自分の力で100記事投稿しようとすると数ヶ月かかる事は確実ですが、記事作成を外注していれば5万円を払う事さえすれば100記事を投稿する事ができるのです。

アフィリエイトにおいてはインデックスされるレベルの記事の数があればあるほど有利にサイト運営をする事ができるため、外注化によって記事を大量生産する事ができるのは大きなメリットです。

アフィリエイトでスピード感を保ちながら大きく稼ぐためには、記事作成の外注化に加えて中古ドメインも使うとより効果的です。

中古ドメイン×記事作成の外注

を使えばアフィリエイトでスピーディーに大きく稼ぐ事ができます。

中古ドメインや記事外注については以下のページで解説しています。

あわせて読みたい
アフィリエイトは時間の無駄?中古ドメインや記事外注を使えばOK このページでは中古ドメインや記事作成の外注を使って、アフィリエイトで時間を無駄にしない方法を解説していきます。 アフィリエイトの始め方については以下のページに...

また、トレンドブログなどのトレンドキーワードで大量に記事を書き続ける必要があるタイプのブログ運営とも相性が良いです。

トレンドアフィリエイトのやり方やメリット・デメリットについては以下のページで解説しています。

あわせて読みたい
トレンドアフィリエイトのやり方やメリット・デメリットを解説 トレンドアフィリエイトのやり方やメリット・デメリットを解説します。 アフィリエイト自体の始め方については以下のページで解説しています。 https://cross-shop.jp/2...

外注のデメリット

  • お金がかかる
  • 記事の質が低くなる事がある

お金がかかる

外注のデメリットは、お金がかかる事です。

記事作成の外注は1記事あたり500円はかかる事が多いです。

しかし、1記事500円であれば自分で記事を作成するよりも割安な水準のため、お金がかかる事は大きなデメリットにはならないと考えています。

記事の質が低くなる事がある

記事作成を任せる外注さんのスキルによっては記事の質が低くなる事があります。

そのため、記事作成の外注をする際は外注マニュアルを作っておくとよいです。

外注マニュアルがあれば、外注さんのスキルの差があっても一定レベル以上の記事の質を担保しやすくなります。

最低限の記事の質を担保するコツは、やはりタイトル、見出し、文字数まではこちらで決めてしまって、見出しの中身を必要な文字数で外注さんに埋めてもらう事です。

タイトル、見出し、文字数がある程度まともであれば50〜60点レベルの記事になり、インデックスはされるレベルになる事が多いです。

まとめ

記事作成を外注化する事で、アフィリエイトの作業の中で最も時間のかかる記事作成をしなくてもよくなるため、自分の時間を生み出す事ができます。

記事作成の外注によって生まれた自分の時間をキーワード選定やリンク作業に当てていけばアフィリエイトにレバレッジがかかり収益化が加速します。

特に一次情報を持っていない記事であれば、外注化しても記事の価値は大して変わらない事が多いため、自分で一次情報を持っている記事以外の記事から少しずつ外注化していくとコスパが良いと思います。

多くのアフィリエイターがクラウドワークスCrowdWorks(クラウドワークス)で記事作成の外注化を依頼しているので、外注化に興味が湧いた方は、クラウドワークスCrowdWorks(クラウドワークス)で外注の依頼を出してみてください。

クラウドワークスの公式サイト>>日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる