アフィリエイトサイトとSNSをリンクさせるメリットとデメリット

アフィリエイトサイトとSNSをリンクさせるメリットとデメリットを解説します。

今回はSNSの中でもTwitterとのリンクについて解説していきます。

目次

アフィリエイトサイトとSNSのリンクとは?

  • 自己紹介の概要欄にアフィリエイトサイトのURLのリンクを貼る
  • ツイートなどの投稿にアフィリエイトサイトのリンクを貼る

自己紹介の概要欄にアフィリエイトサイトのURLのリンクを貼る

まず、このようにしてTwitterの自己紹介欄にアフィリエイトサイトのURLのリンクを貼ります。

「まだアフィリエイトサイトを持っていない」という方はアフィリエイトの始め方について解説している以下のページを読んでみてください。

あわせて読みたい
アフィリエイトとは?始め方・やり方、仕組みやASPを解説 アフィリエイトの始め方ややり方、仕組みや稼ぎ方、ASPについて解説します。 【アフィリエイトとは?】 アフィリエイトとは、成果報酬型のインターネット広告(アフィリ...

ツイートなどの投稿にアフィリエイトサイトのリンクを貼る

私の場合は、このようにしてアフィリエイトサイトの記事(特に収益記事)のリンクをツイートに載せます。

記事のツイートをする際に「#キーワード」を記載する事もポイントです。

アフィリエイトサイトとSNSをリンクさせるメリット

  • SNS流入が見込める
  • インデックススピードが上がる
  • サイトパワーが上がる

SNS流入が見込める

まず、SNSのリンクからアフィリエイトサイトに一定数のPVが見込まれ、SNS流入が見込まれます。

これは自己紹介の概要欄からのサイトのリンクからの流入もありますし、ツイートなどの投稿に貼った記事へのリンクからの流入もあります。

インデックススピードが上がる

アフィリエイトサイトとSNSをリンクさせると、インデックススピードが上がります。

中古ドメイン×SNS流入の施策を行った結果、当サイトは7/22にサイトを立ち上げて、7/31にサイト名「アフィリエイトなう」で検索1位を獲得しました。

ちなみに当サイトは5000〜6000円くらいの価格帯の中古ドメインを使っており、超強力な高額中古ドメインを使っているわけではありません。(ドメインパワーは13くらいです)

新規ドメインでアフィリエイトサイトを作っている場合はもう少しインデックスが遅くなるかもしれませんが、中古ドメインでアフィリエイトサイトを作っていれば、SNS流入と掛け合わせる事によってインデックススピードが格段に早くなります。

私がおすすめしている手法は

中古ドメイン×SNS流入

です。

中古ドメインを使うだけでも、新規ドメインと比較するとインデックススピードはかなり早くなりますが、中古ドメイン産サイトにSNS流入も加える事で、インデックススピードは格段に早くなります。

中古ドメインについては以下のページに記載しています。よければ参考にしてください。

あわせて読みたい
アフィリエイトの稼ぎ方|中古ドメインや被リンクについて解説 このページでは中古ドメインや被リンクを使った即金性のあるアフィリエイトの稼ぎ方について解説します。 アフィリエイトは副業として始める人も多いと思うので、できれ...

サイトパワーが上がる

記事のインデックススピードが上がると同時に、サイトのパワーも上がっていると感じます。

当サイトは「アフィリエイトなう」で検索するとお名前.comなどの企業サイトよりも上の順位(検索1位)に表示されました。

お名前.comなどの企業サイトが「アフィリエイトなう」というキーワードを対策しているわけではないものの、サイトを立ち上げて10日、15記事のサイトが強大なドメインパワーを誇る企業サイトよりも上の検索順位に表示されるという事は、サイトパワーが高まっていると考えても差し支えないのではないでしょうか。

アフィリエイトサイトとSNSをリンクさせるデメリット

  • 獲得キーワードがバレる
  • 「nofollow」タグが付いているため、被リンクにはならない

獲得キーワードがバレる

獲得キーワードがバレる事が最大のデメリットです。

特にずらしキーワードなどのライバルがいないお宝キーワードを獲得しているサイトがSNSリンクを使うと、お宝キーワードがライバルにバレてしまいます。

しかし、ずらしキーワードなどのお宝キーワードを獲得しておらず、表面的なサジェストキーワードなどしか対策していないアフィリエイトサイトであればキーワードがバレるデメリットもほぼないため、心置きなくSNSリンクを使う事ができます。

また、当サイトの連携Twitterアカウントのようにブログやアフィリエイト関連のツイートをしているアカウントからSNS流入をはかるとブログやアフィリエイトをしている人の目に止まるため、キーワードがバレる事がリスクになります。

しかし、ブログやアフィリエイトに関連しないツイートしかしないTwitterアカウントからのSNS流入であれば、ブログやアフィリエイトをしている人の目に触れる事がないため、キーワードがバレるリスクもほぼありません。

例えば、美容系のSNSアカウントに美容系のアフィリエイトサイトのURLを載せてSNS流入をはかっても、見ている人は美容に興味がある人がほとんどなので、キーワードがバレるリスクは実質的にほとんどないです。

「nofollow」タグが付いているため、被リンクにはならない

SNSからのリンクは「nofollow」タグが付いているため、被リンク効果はありません。

しかし、私はSNSからの流入自体にインデックススピードやサイトパワーを上げる効果があると考えていますを

そのため、被リンク効果の確証はないものの、SNSからの流入自体に効果があり、被リンク効果に近い効果を得られるのではないかと考えています。

まとめ

今回はアフィリエイトサイトとSNSをリンクさせる事によるメリットとデメリットを解説しました。

SNSからのリンクは「nofollow」タグが付いているため、被リンク効果はないと言われているのが定説ですが、被リンク効果はなくともSNSからの流入自体にインデックススピードやサイトパワーを上げる効果があり、実質的に被リンクに似た効果があるのではないかと私は考えています。

アフィリエイトサイトとSNSのリンクはメリット・デメリットがありますが、SNS流入の効果を実感してみたい方(特に早く稼ぎたい初心者ブロガーや初心者アフィリエイターの方)はSNSとアフィリエイトサイトをリンクさせてみると面白いのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる